友愛活動_2009
カテゴリ : 友愛ボランティア
老人クラブ友愛ボランティア

老人クラブの友愛活動

   地域で老人クラブ会員が病弱やねたきりなどの高齢者を定期的に家庭訪問して、話し相手になるなど、くらしを支える助けになろうとするものです。

 友愛活動は、高齢者同士の心と心のふれあいが第一です。そこで「話し相手」を基本とします。
  同世代の友人として話し合い、共感しあえる仲間がいることは、くらしを支えるために欠かせないことです。
  また、病弱やねたきりなどの高齢者には、家事や介護の援助が必要となり、専門のホームヘルパー等が関わっている場合が多くあります。しかし、くらしを 支えるために必要な生活上の細かなことはたくさんあるものです。忙しいホームヘルパーさんには頼みにくいこともあるでしょう。 訪問をしていて頼まれたり、気づいたことがあったら、お手伝いしましょう。

こんにちは、から始まる笑顔パンフレットイメージ

会話によるふれあいは、なによりも楽しいものです。人は話を聴いてもらうことで、気持ちが落ち着き、心に癒しを与え、さらには生きる意欲まで湧いてきます。耳と目と心を傾けて「聴く」ということは、大きな援助になります。
主な活動

パンフレットはこちら PDF
1ページ(174Kb)  2ページ(248Kb)
3ページ(253Kb)  4ページ(158Kb)


高齢者相互支援推進、啓発事業モデル老連指定状況
市町村老連の友愛活動の取り組み(平成18年度)
平成18年度モデル指定活動報告<pdf> 1(山形市〜大石田町) 2(舟形町〜遊佐町)
平成21年度「地域支え合い事業実施モデル指定」
   地域支え合い友愛活動研修&認知症サポーター養成講座実施状況
(PDF)

平成22年度「地域支え合い事業実施モデル指定」
   地域支え合い友愛活動研修&認知症サポーター養成講座実施状況
(PDF)